第5回 サルに勝つ! 2018年夏(7月3日~)

このシリーズでは、四季報の中で私が選んだ50銘柄とランダムに抽出した50銘柄の3か月間のパフォーマンスを競います。

 

過去の戦歴は、左のサイドメニューの「サルに勝つ!」からご覧ください。詳しいルールの説明は、「第1回 サルに勝つ!」の記事に載っています。

 

第5回トルネコ銘柄は、こちらです。 

f:id:toruneko_speculators:20180703163509p:plain

f:id:toruneko_speculators:20180703163533p:plain

f:id:toruneko_speculators:20180703163543p:plain

 

 第5回サル銘柄は、こちらです。

f:id:toruneko_speculators:20180703163607p:plain

f:id:toruneko_speculators:20180703163624p:plain

f:id:toruneko_speculators:20180703163632p:plain

 

 今回は、2018年7月3日の終値が収得単価になっています。運用期間は、2018年10月3日(水)までです。

 

 

■第5回開始時の考え

私自身、投資を初めて以来、バリュー投資を続けてきました。基本的には「益回り」と「過去4年の平均売上成長率」を足し合わせたものをベースとして良い投資先が無いかを探してきました。最近の投資環境では、だいたいの銘柄が適正価格に近いものが多く、割安だと言えるものがありません。そこで、今回は全く違う視点を取り入れようと思います。今回のトルネコ銘柄の多くは株主優待配当利回りが4%以上ある銘柄で構成されています。サルに勝つシリーズでは、配当と優待による利益を含めないものとしているので不利な部分はあると思いますが、他の指標の成績と比べてこの投資方法が有効なものなのか探ります。