オンワードホールディングス

オンワードホールディングスを調べていきたいと思います。

 

アパレルメーカー大手。23区やgotairiku、自由区などのブランドがあり、百貨店を中心としたアパレル企業。なお、売上は2431億円、営業利益は52億円とのこと。

 

①23区のブランドサイト

https://crosset.onward.co.jp/shop/23ku/

f:id:toruneko_speculators:20180610230712p:plain

②gotairiku

https://crosset.onward.co.jp/shop/gotairiku/

f:id:toruneko_speculators:20180610231117p:plain

③自由区

https://crosset.onward.co.jp/shop/jiyuku/

f:id:toruneko_speculators:20180610231344p:plain

 

百貨店向けのブランドということで価格もファストファッションユニクロしまむらと比較すると6~8倍くらい価格が違います。

 

セグメント情報を見ていきます。

f:id:toruneko_speculators:20180610231932p:plain

売上の97.5%がアパレル関連事業。アパレル関連事業の日本の売上が売上全体の78.5%。セグメント利益は日本が黒字で欧州・アジア・北米は赤字。

 

有価証券には、アパレルの販売のみでなく、中国の協力工場や自社工場(中国やベトナム)で製造も行っているようです。

 

株価 907円(2018/6/9 終値

実質PER 24.5倍

予想PER 21.5倍

PBR 0.79倍

配当利回り 2.65%

自己資本比率 59.2%

営業利益率 2.1%

原価率 53.3%

販売費および一般管理比率 44.6%

直近の売上の四年前売上比 0.87

商品回転率 6.7

売掛金回転率 9.7

 

 

売上が年々下がってきています。原価率は思っていたよりも高くて驚きました。

 

 

矢野経済研究所(国内アパレル市場)

https://www.yano.co.jp/press/press.php/001754

百貨店のアパレル売上は5年前に比べて0.88のようです。オンワードHDの売上は4年前と比較して0.87ですから、似たような感じですね。売上の規模が大きいですから仕方ないのかもしれません。