第4回 サルに勝つ! 2018年春(3月26日~)

このシリーズでは、四季報の中で私が選んだ50銘柄とランダムに抽出した50銘柄の3か月間のパフォーマンスを競います。

 

 

過去の戦歴は、左のサイドメニューの「サルに勝つ!」からご覧ください。詳しいルールの説明は、「第1回 サルに勝つ!」の記事に載っています。

 

 

第4回トルネコ銘柄は、こちらです。 

f:id:toruneko_speculators:20180326213927p:plain

f:id:toruneko_speculators:20180326213942p:plain

f:id:toruneko_speculators:20180326214009p:plain

 

 

 

第3回サル銘柄は、こちらです。 

f:id:toruneko_speculators:20180326214050p:plain

f:id:toruneko_speculators:20180326214540p:plain

f:id:toruneko_speculators:20180326214115p:plain

 

今回は、2018年3月26日の終値が収得単価になっています。運用期間は、2018年6月26日(火)までです。

 

■第4回の考え方

最近は長期投資をやっていません。現在の状況は、米国の中央銀行はバランスシートの縮小を行いつつあり、日銀は金融緩和の出口を考え始めています。日本政府は相変わらず緊縮的な態度を取っています。四季報を通読しましたが、今の状況を考えると割安だと思う銘柄はありません。投資をしたくないのですが、もし50銘柄に投資するならと考えて選びました。私の銘柄は、PERが低い大型株が多い銘柄構成になっています。日経平均につられて下がるかもしれません。今回のサル銘柄は業績不振の銘柄が多く攻撃的ですね…。誰にも注目されていないので案外下がりにくかったりするのかもしれませんね。