第3回 サルに勝つ! 2017年冬(検証終了) 結果『負け』

サルに勝つシリーズ(※1)の第3回目の結果が出ました。

 

【2017年12月21日終値と2018年3月20日終値の比較】

日経平均株価 -6.50%

TOPIX -5.83%

JPX日経400 -5.98%

マザーズ -0.11%

ジャスダック平均 +3.33%

トルネコ銘柄 +0.15%

サル銘柄 +7.38%

 

【結果】

負け

 

 

【各回を掛け合わせた成績】

日経平均株価 +5.94%

TOPIX +6.22%

JPX日経400 +5.59%

マザーズ +4.19%

ジャスダック平均 +24.7%

トルネコ銘柄 +23.2%

サル銘柄 +35.7%

 

【コメント】

 私のPFを作った時の考え方を振り返ってみます。3か月前は、鉄鋼や海運企業の決算が非常に好調だったため、世界経済が上向き始めているのではないかと判断し、大型株で割安な銘柄群を多めに採用しました。それが裏目に出てしまう形となりました。米国のバランスシート縮小や日本の金融緩和の出口戦略などが意識され、大型株中心に売られてしまった印象です。一方、サル先生は攻防のバランスの取れた素晴らしいPFだったのかもしれません。全体的に負けている銘柄が少ないです。サカイホールディングスやマネーフォワード、グリムス、Fringe81、第一三共、アクシーズなどの成績が良かったです。

 

 

※1

・サルに勝つシリーズの詳細については、左のサイドメニューから「サルに勝つ!」を選択し、『第1回 サルに勝つ』をご覧ください。

 ・第3回サルに勝つの各銘柄については、『第3回 サルに勝つ』をご覧ください。