今現在の株式投資に対する考え方

【1】人口とGDP

●日本の人口

減少傾向であり、減少の予測(http://www.garbagenews.net/archives/1999775.html

●日本の1人当たりGDP

やや上昇~横ばい(http://ecodb.net/country/JP/imf_gdp2.html

●日本のGDPの推移

やや上昇~横ばい(http://ecodb.net/country/JP/imf_gdp.html

 

【2】日本政府と日銀

●日銀の国債買入の限界

●日本政府のプライマリーバランス黒字化目標

●消費税増税

●残業規制

東京五輪での投資の打ち切り

 

 

日本での長期投資は、人口が減少しているので不向き

 

しかし、私が投資を始めた時期の2012年は、金融緩和と公共投資の拡大などマクロ視点で非常に恵まれた環境だった。そして、ミクロ視点でも個別企業のPERは過去平均より大幅に低かった。投資のチャンスがあった

 

今は、日銀の金融緩和の限界が見え始め、政府も緊縮的である。また、個別企業でもPERが非常に高い。こんな環境で長期投資をしていても負けるのではないか?

 

→従来の考え方では稼ぐことは難しい。

 

 

 

 

■新たな戦略

短期的なミスジャッジを狙う。

 

日経平均の上昇局面・下落局面で人はそれぞれどんなことを考えて取引をするか考える

f:id:toruneko_speculators:20180220164058p:plain

 

日経平均株価が順調に上がっている局面で銘柄Aは悪材料で大きく株価が下がります。しかし、日経平均の上昇局面では皆強気です。特に個人投資家逆張りが好きなので、悪材料であっても買いが入ります。そのため、酷い売られ方にはなりません。

 

f:id:toruneko_speculators:20180220164739p:plain

 

今度は日経平均株価が下落基調の場合です。銘柄Aは悪材料で売られますが、皆悲観的な状態です。どこまで下がるか分からない状態。信用取引を行っている人なら借金を背負ってしまうんじゃないかと恐怖に怯える場面です。冷静な人でももっと下がった時に買おうと考え、買いが全然入りません。そのため、異常な売られ方をします。

 

 

日経平均が下落相場であり、かつ個別銘柄が異常な売られ方をした場合に限って買う作戦です。成功すればいいですが、失敗をすれば、反発もなく急降下に飲み込まれて大きく資産を減らしてしまう非常に危険な作戦です

 

【失敗例】

f:id:toruneko_speculators:20180220165903p:plain

上の失敗例のようになってしまうと最悪です。長期投資のスタイルでは損切りは無くても良かったですが、このスタイルでは損切りは絶対です。毎回勝つのではなく、トータルで勝つことが大切であり、自制心が無いとやるのは難しいと思います。私の場合は、パチスロで冷徹な判断を何度もやってきたのでやれる可能性は少しあるかもしれません。(センスが無いと思えばやめます。)

 

 

うまくやれるか分かりませんが、今までの考え方とは全く違ったやり方でいきます。