企業理念を読んで考える

最近、『エッセンシャル思考』(著グレッグ・マキューン)という本を読んでいます。

 

本の内容を超訳すると、「世の中にあるたくさんのノイズに惑わされず、本質的なことだけを選ぼう!そうすれば、上手く生きられるよ。」といった内容が書かれています。

 

ちなみに、エッセンシャルは、日本語で「本質」。本質は、そのものとしては欠くことができない最も大事な根本的な性質・要素という意味です(Google先生より)。

 

しかしながら、本質的なことを見極められたら苦労しませんよね。どうやって、本質を見極めたらいいの?って疑問に思います。

 

本に書いてあるわけではないんですが、本を読みながら考えた私流の本質的なことの見極め方を下に書きます。本当に必要でやらなくてはならないことはおそらく下の方法を何回もやることで見つかりそうだと思います。

 

トルネコ式 本質の見極め方

①やるべきことをすべて書き出す。

②やらなくてもいいことをどんどん消していく

③優先順位を付ける

④優先順位を付けた順番にやっていく。

 

やるべきことの見極めって部屋の片づけとよく似ているんですよね。整理の時に本当に必要な物なのか?捨ててもいいのか?悩むと思うんです。でも、例えば、部屋にあるすべての洋服を出してみると要らないものがどんどん発見されるんです。一度しか着ていない服、毛玉が出来てボロボロの服、同じ色の服が何枚もある・・・そういうアイテムを捨てていくことで自分の判断基準がどんどん出来ていくんですよね。本当に必要なアイテムがなんなのかは、物を捨てることによって初めて分かってくるんです。それと同じように、自分のやるべきことは、やらなくてもいいことを決めることによってはっきりしてくると思うんですよね

 

 

さて、前置きが長くなりましたが、この本の第10章「目標ー最終形を明確にする」において、良い目標の決め方が書いてあります。目標は、具体的で刺激的な目標にすると、進むべき方向性が明確になるので良いんだそうです。

 

そこでなんですが、上場している企業に「企業理念」ってありますよね。その企業理念と企業の成長性って関連するのかな?とふと疑問に感じました。関連性まで見出すことは今日はできないと思いますが、まず、手始めにいろいろな会社の理念を読んでいきたいなと思います。4000社弱をすべて読むのは大変なので自分の保有企業の会社理念を読んでいきます。

 

ホクリョウ 経営理念

品質管理を徹底的に追求し、世の中に広く安心して食べていただける製品を提供する。

 

プラップジャパン 経営理念

プラップジャパンおよびプラップジャパングループでは、企業団体のPR・コミュニケーション活動を支援することにより、企業団体と消費者・顧客・行政・取引先等のステークホルダー、パブリックと良好な関係を作り上げ、社会・文化の発展に寄与していきます。 また、企業のコミュニケーション活動を支援する当社社員は、業務遂行能力は勿論ですが人格的な資質も要求されます。 当社は社員を大事に思う心を経営の基本的な姿勢とし、PR・コミュニケーション活動の支援ビジネスのリーディングカンパニーとして、常にサービス・技術の向上に努め、PR活動、コミュニケーション活動の意義、業界全体の理解促進及び普及を目指します。 

 

 神戸物産 社是

 効率を考え、無駄、ロスを無くし、お客様に良い商品を、 可能な限り安く販売することを基本とします。

 

発酵食品を大切に考え、保存料を少なくし、 真に体にやさしい食品を開発、販売する事を基本とします。

 

プロのお客様に、満足して頂ける品質第一の商品を販売する事を 基本とします。

 

 まず、3社。プラップジャパンはPRの会社なので面白い経営理念を掲げているのかなと思いきや、抽象的でぼんやりとしたイメージです。神戸物産はかなり明確ですね。「プロのお客様」をターゲットにして、体にやさしい食品を安く売る。

 

なるほど、面白いです。

 

 

おっと、晩御飯の時間なので今日はこの辺にしておきます。