もし、投資を始めた時にランダムで100銘柄選んでいたら?

私は2012年6月から投資を始めました。もし、この時にランダムで100銘柄選択し、均等に1%ずつ投資してたらどのような成績になったでしょうか?検証してみます。

 

【方法】

① 2012年四季報(夏号)を用いる。エクセルで「ページ数」「上段・下段」がランダムで選ばれるようにし、100銘柄を選択する。

 

② ①で選んだ銘柄が2017年四季報(秋号)まで保有し続けた場合の投資成績を算出する。

 

③ 100銘柄のポートフォリオの成績を算出する。

 

※1 上場廃止となった場合、原則、上場廃止日の終値で売った場合の成績を算出する。売却後はキャッシュポジションとなる。ただし、移転による上場廃止において移転前と実態が変わらない場合にのみ移転後のコードの株式を保有するものと考える。

 

※2 配当は成績に加えるが再投資はしないものとする。

 

※3 すべての企業における株価・配当は、分割・合併を考慮している。

 

【結果】

結果の一部は以下のようになります。

f:id:toruneko_speculators:20171119234710p:plain

 

原則として、2012年5月28日に株式を購入し、2017年8月28日に株価を売却した時のパフォーマンスを算出しています。例外的に、上場廃止になる企業は上場廃止日に売却したものとしています。(ただし、前述のように例外あり)

 

ランダムに抽出された銘柄で均等に構成されたPFを「ランダム100」と名付けます。

 

ランダム100の成績

ランダム100(配当なし、税抜き前成績) +270.9%

ランダム100(配当あり、税抜き前成績) +286.8%

ランダム100(配当なし、税抜き後成績) +236.7%

ランダム100(配当あり、税抜き後成績) +249.4%

 

同時期における各指標の成績

日経平均株価(税抜き前) +226.3%

TOPIX(税抜き前) +230.2%

ジャスダック平均(税抜き前) +260.5%

マザーズ指数(税抜き) +382.8%

 

 

【感想】

同一期間において、自分の成績とランダム100の成績を比較すれば、自分の裁量によって投資を続けていくべきか、ランダムでPFを作るべきかが分かります。

 

自分自身の純粋な投資成績を出そうとしてみたのですが、2つの理由で行き詰りました。1つ目は、入出金が存在するので計算が難しいこと。もう1つは証券会社によって過去の履歴が見られないこと。正確な値が算出できないので、以下の数値を参考に目安を考えるくらいしかできません。

 

(現在の税抜き後資産)÷(入出金差額)=730%

(2017年8月末資産時価総額)÷(2012年6月末資産時価総額)=1320%

 

自分の裁量よる投資は、配当込みの税抜き後で+1000%程度の運用結果が出ているような気がします。ランダム100(配当あり、税抜き後成績)の+249.4%を大きく上回っているので、2012年6月~2017年8月までは、自分の裁量による投資が有効であったと言えるかもしれません。

 

 

ただし、これは偶然にも上回ったという可能性もあります。私が投資した多くの期間で1~3銘柄程度の集中投資を行っていたため、結果のブレ幅が大きかったと考えられます。そのため、投資手法が有効であるか不確かな部分があります。

 

最近やっているサルに勝つシリーズでランダムに選んだ50銘柄と私が選んだ50銘柄ではランダムに選んだサル銘柄の方が良い結果が出ています。引き続き調査していきたいと思います。