三機サービス

上場直後に目論見書を読んでいたのですが、上場後の印象をだいぶ変わってきています。

 

三機サービスは、「空調機器メンテナンス事業」と「トータルサポート事業」の2つの柱があるのですが、最近トータルサポート事業の売上が急増しています。

 

ライフコーポレーションセブンイレブンジャパンとの大口契約があったためのようでトータルサポート事業は前年比50%増です。

 

有価証券報告書を詳しく見ていきますと・・・

f:id:toruneko_speculators:20170924183028p:plain

f:id:toruneko_speculators:20170924183040p:plain

原価の内訳を見ますと、労務費は殆ど変わっていない一方、外注費が61%増ですね。

 

契約先の店舗が三機サービスのコールセンターに電話をかけてきて、受注した仕事を提携会社に丸投げしている感じですね。

 

f:id:toruneko_speculators:20170924183757p:plain

空調機器メンテナンス事業とトータルメンテナンス事業の利益額が逆転し、ビジネスモデルの転換を迎えたように思えます。