サルに勝つ(検証84日目)

サルに勝つシリーズの1回目も残す日もわずかとなってきました。私が選んだ50銘柄(トルネコ銘柄)とエクセルの乱数を使ってランダムに選んだ50銘柄(サル銘柄)を戦わせています。その結果やいかに!

 

【サルに勝つ!84日時点成績】

トルネコ銘柄 +4.26%

サル銘柄 +7.75%

日経平均 -2.74%

 

詳細は、

http://toruneko-speculators.hatenadiary.jp/entry/2017/07/07/044046

(注・実際に投資しているわけではありません。投資力を試すためのテストをしています。)

 

【コメント】

現状をしっかりと確認します。

 

トルネコ銘柄は日経平均に対して+7.20%勝っています。

サル銘柄は日経平均に対して+10.79%勝っています。

サル銘柄はトルネコ銘柄に対して+3.35%勝っています。

 

この企画は自分の実力を客観的に計るためにやっています。この調査を何回も数を重ねることで自分の実力が分かってくる性質のものですから、たった1回の結果で判断することはできません。しかし、自分の想定ではもっと勝率は高いものと思っていまして、こんなにあっさり負ける(まだ数日ありますが)とは思っていませんでした。

 

相手が日経平均だけの調査にしていれば、トルネコ銘柄は日経平均に+7.20%も勝っていて調子に乗っていたと思います。サル銘柄を加えて本当に良かったです。

 

【反省と対策】

自分のやっている投資法は、売買のスパンが長いので試行回数がどうしても少なくなってしまいます。試行回数が少ないとまぐれで勝っているのか、それとも実力で勝っているのか判断が付きません。今回、サル銘柄と比較してみて、まぐれで勝っているという可能性も再検討しなければならないなという気持ちになりました。

 

もし、今の投資法がまぐれで勝っているとして、それが分かるのが数年後、下手をすれば数十年後になってしまいます。そうなった時は、結構マズイわけです。何も根拠のない占いを根拠にして稼いでいるということになるわけですから。

 

それを回避するために、新しい投資法を模索する必要があるなと思いました。これは、今の投資法がダメというわけでも、今の投資法を辞めるわけでもありません。もしダメだった時に備えての保険という意味で複数の投資法を見につけておくのが良いと思いました。

 

新しい投資法に求められる性質は、試行回数が多く優位性を確認しやすい方法が望ましいです。最近、新しい投資方法の研究で銘柄記事が上げられていません。将来への投資として時間を使って考えていきたいと思います。