コシダカHD

今日はやる気が沸かないので、タイトルに企業名を書いた記事だけで満足という気持ちで書きます。

 

今日は、コシダカHDです。売上の順にカラオケ、カーブス、温浴、不動産管理の4つの事業を行っている会社です。

 

 

決算短信を読む】

3Qの決算短信を読んでいて進捗がいいなぁと思いました。利益に偏りがないか見てみます

f:id:toruneko_speculators:20170828130653p:plain

 

気になったのは、2Qでの経常利益の伸びです。他のクオーターと比較して、このクオーターは良く稼いでいます。

 

コシダカの2Qは1月~3月ということですが、何か理由があるのでしょうか?

 

f:id:toruneko_speculators:20170828134436p:plain

 

こうやって見ると、利益の偏りは「カラオケ」事業であることが分かります。「カラオケ」セグメントにおける各クオーターごとの売上も計算してみましょうか。

 

H27年

1Q単独(10月~12月) 6076

2Q単独(1月~3月) 7698

3Q単独(4月~6月) 6765

4Q単独(7月~9月) 7104

 

これは大学生の休みの時期に被るんでしょうか?詳しくはカラオケ業界を調べるときに確認しておきます。

 

他の事業はあまり偏りが無いように見られますね。

 

【カラオケセグメント】

再びH28年3Qの決算短信に戻ります。

 

(引用開始)

連結会計年度末比36店舗増加448店舗となり、リニューアルは18店舗行いました。海外店舗数は、24店舗(シンガポール11店舗、韓国13店舗)となっております。この結果、カラオケセグメントの売上高は205億39百万円(前年同期比17.4%増)、セグメント利益は7億80百万円(前年同期比34.4%減)となりました

(引用終わり)

 

カラオケ業界の統計資料を以前見たのですが、カラオケ業界全体の売上は横横だったと思います。小規模なカラオケ店が潰れ、カラオケ店の大型化が進んでいると書いてあったような気がします。(きちんと確認しなければ…。)そういった環境の中、攻めた出店をしていますね。

 

 

 

業界動向サーチに分かりやすいデータがありました(http://gyokai-search.com/3-karaoke.html

 

 

 

コシダカの運営するカラオケまねきねこは、オリコン顧客満足度調査のサイトでは5位ですね。

life.oricon.co.jp

当てになるかは???ですが。

 

 

【まとめ】

今日は、コシダカHDの勉強をしていきました。カラオケ事業が中心でした。今日は主に2つのことが分かりました。1つ目は、カラオケ事業は時期によって利益の偏りがあること。2つ目は、カラオケまねきねこは出店を増やしていること

 

今日はこの辺にしておきます。