人から本を紹介されたら「考えるな、買え!」

今日は気分を変えて投資とは違う話題について書こうかなと思います。内容は「最近、生活の中に取り入れたら良さそうだと思った自分にとっての新しい考え方」についてです。

 

【人から本を紹介されたら「考えるな、買え!」】

最近、いろいろと悩んだりすることがあったのですが、その悩みについてツイッターに書き込むなどしていました。そしたら、フォロワーさんに「この本いいよ!」と薦めて頂いたんですね。そして、実際に買ってみると、大当たり!目から鱗の良い作品だった。・・・とまぁ、そういうことがありました。

 

【本について】

実は、自分は本が嫌いなんですよ。本に書かれている内容って動画や会話なら20分もあれば伝わる内容であることが多いように思うんです。それを5時間6時間かけて読むっていうのは、本が苦手な自分にとっては結構しんどいんです(;´∀`)目も痛くなりますし。だから、自分は本を読む前にいろいろ考えて本当に読まないといけない本なのか?と選別します。

 

・その本は本当に読む必要がある?

・自分の困っている課題を解決できるテーマ?

youtubeなどの動画サイトでも学べる内容なんじゃないかな?

・本でなくて、漫画版でもあるならそっちを先に読んでもいいんじゃない?

・要約サイトをいくつか見て考えてみてもいいんじゃない?

 

そんな選別を経てから、本を買って読むという流れになることが多いです。要するに、自分にとって、本は伝達方法の最終手段なんです

 

【本を相手に紹介する時って?】

自分にとって、本は負担が大きいものという考えが根付いています。それでも、本を相手に薦めたくなる時ってありますよね。相手がとても困っていて、本を読むのに時間がかかりますが、それでも得られるものの方が大きい。だから、紹介したい!

 

本を紹介する時って、いい加減な本を紹介しないと思うんです。大抵の場合、本を紹介する人は、困っている人よりもそのジャンルに精通していて、本を何冊も読んでいます。そして、その中の選りすぐりの本を相手のレベルに合わせて選んでいると思います。だから、理論的に考えれば、人から紹介される本は自分にとって良書である確率が非常に高いはずなんです。

 

【まとめ】

そういうわけで、自分が困っている時に人から紹介されたら、何も考えずにamazonのブックマークを開いてポチる。考えないください。ただ、押せばいいんです。

 

 

今日は、いつもと変わった感じの内容にしました。

 

 

 

読者を調教して、アフィリエイト収入GET