エイジス

今日はエイジスについて書こうかなと思います。

 

このブログを読んでくださっている方は、株オタクしかいないので、おそらく、エイジスのビジネスモデルについてはよくご存じの方も多いと思います(きっぱり)。特に詳しい説明は必要ないかなと思ってますので今日もざっくりいきます。実は私、エイジスでバイトをしたことがあるのでその辺を中心に書ければなぁと思います。では…。

 

【エイジスの事業内容】

エイジスの業務内容は、「棚卸」です。棚卸という単語はどれくらいの方が知っているのでしょうかね??私は、近くの本屋で「棚卸のアルバイトの募集!」といったビラを見かけたりします。

 

棚卸は、どういう商品が何個あるのかを調べる仕事です。なぜ、商品と個数を数える必要があるのでしょう?それは、企業には株主に決算書を報告する義務があって、その決算書の貸借対照表を正確に作るには棚卸が必要になるからです。

 

でも、「仕入れた商品数から売れた商品を引けば、店内に残っている商品数なんて簡単に分かるじゃん!」

 

そう思った、そこのあなた!世界はそんなに綺麗にできていないのです。

 

万引きで商品が盗まれたら、店のデータよりも実際の商品が少なくなることなど考えられます。そうなれば、商品という資産が正確に把握できず、決算書の信ぴょう性が問われるのです。だから、バイトがくっそつまんねー作業を社会的に意義のある業務を一生懸命こなしているのです。

 

(調子乗りました。嘘です。ごめんなさい。炎上許して。)

 

【棚卸業務】

結構昔のことになるのですが、エイジスの求人を見て応募をしました。採用されて、まず、数え方のセミナーを1日受けます(確か給料も出ました)。棚卸の時には、専用の入力マシンを使います。腰からぶら下げた入力マシンは、電卓のようになっていていつでも打ち込めるようになっています。PCのブラインドタッチのように専用入力マシンの数字を見なくても打ち込めるように練習します。また、商品の数え方も1、2、3、4…と数えるのではなく、「2、4,6,8…と数えたり」、「縦3×横4で12個」などのように効率良く数えられる方法をするように教育を受けます。

 

棚卸しは2月と8月に集中するため、短期労働者が多いです。年間を通して働いている人は、少ないグループで昼間にコンビニなどの棚卸に向かうようですが、短期労働者や新人は、基本的に夜間勤務になります。スーパーやドラッグストアなどがメインになります。

 

私も短期勤務だったので夜に事務所に集まり、車(相乗り)で現地に向かいました。実際に商品を数えてみると、数えやすい物もあるのですが、数えにくい物もあります。商品を取り出さないと奥にある商品が数えられなかったり、冷凍庫の商品は指が冷たくなってきて痛くなってきたりと数えにくかったりします。

 

余談ですが、深夜に冷凍食品を数え続けた経験のおかげで、お金を大切にする心を会得しました( ;∀;)

 

【棚卸とAI・タグについて】

 

「AIの力で棚卸作業が要らなくなる。」という意見がありますが、私は否定的です。

 

数えやすい商品、例えば缶ジュースなんかはAIの力ですぐに数えられるとは思うのですが、商品棚を見るだけで何個あるか数えるのは不可能です。手前にある商品をどかせて奥の商品を数えないと分かりません。

 

また、AIが見本品や展示物(売り物ではない)を勘違いして数えてしまうこともありそうなので、人が全く不要になることはないと思ったりします。

 

商品にタグを付けることで棚卸が不要になるという話もありますが、タグ自体のコストやタグを取り付けるコストなど費用面で実用化がまだ先になると考えられることがあります。また、タグを外されて盗まれていたら、本当に商品があるのか担保できません。結局、棚卸が必要になってくるように思います。

 

AIやタグについて話しましたが、結局何を言いたいのかと言いますと、棚卸業界の先行きが不安視されていますが、 そんな不安は現実に起こらないのではないかと私は考えています。

 

 【リテイルサポート】

私がアルバイトをしていた時は、棚卸だけをやっていたので今の現状がよく分かりません。最近、エイジスはリテイルサポートサービス(人材派遣や店舗支援などのサービス)に力を入れています。これに力を入れるようになった時期から棚卸のアルバイトの定着率が上がってきているように感じます。予想としては、繁忙期に集めた棚卸でアルバイトを閑散期にリテイルサポートサービスに回して定着率を上げているものだと思っています。まだ、IRに確認取ってないので、調べなきゃなと思ってたりします

 

 

いろいろ書きましたが、疲れてきたので今日はこの辺にしておこうと思います。自分はエイジスについてこういう見方をしていますなどコメント大歓迎です!気軽にコメントください!!