プロトコーポレーション

 

今日は、プロトコーポレーションを見ていきます。

 

プロトコーポレーションと言えば、クルマ情報誌Gooでお馴染みの企業です。CMで一度は見たことがありますよね!しかし、プロトコーポレーションはどのような会社なのでしょうか?例えば、「プロトコーポレーションは、誰からどうやって収入を得ているの?」と突っ込んだ質問をされると私は非常に困ってしまいます。知っているようでよく知らない企業、プロトコーポレーションのビジネスモデルを学んで行きましょう。

 

〇今日の目標〇

プロトコーポレーションのビジネスモデルが理解する!

 

 

有価証券報告書を読む】

◇業績の推移◇

有価証券報告書から読んでいきます。最新の第39期の有価証券報告書です。

f:id:toruneko_speculators:20170821113300p:plain

 過去5年の業績の推移を見ますと、売上は横ばい、経常利益は減少傾向ですね。自己資本比率は63%と高めで推移しています。

 

従業員数の推移は年々増加していますね!投資活動によるキャッシュフローも利益額と比較すれば大きいですから、投資に力を入れている時期であるのかもしれません。

 

◇沿革◇

昭和52年 「中古車通信」という雑誌からスタート

平成8年 中古車情報の検索サイト「goonet」を開始

平成11年 不動産事業を開始

平成21年 医療・介護業界における人材紹介サービス

 

他にも、海外進出や買収による多角化をやってますね。

 

◇セグメント情報(百万円)◇

自動車関連情報

 売上 51,051

 営業利益 3,939

生活関連情報

 売上 4,236

 営業利益 478

不動産

 売上 420

 営業利益 147

その他

 売上 1,712

 営業利益 -136

 

セグメント情報によると、自動車関連情報が大半を占めますね。他のセグメントは、割愛することにしましょう。

 

◇自動車関連情報◇

f:id:toruneko_speculators:20170821120543p:plain

自動車関連情報の主要な内容は上のようになっています。さらに、詳しい内容を見ていきます。

 

(引用開始)

主な事業収入といたしましては、中古車販売店等が所有する商品在庫データを、当社のメディアに掲載する情報登録・掲載料(広告収入)と、情報誌販売及び情報コンテンツや関連サービスを提供する情報提供料があります。

 

当社は、自動車ディーラー、中古車販売店、パーツ販売店等の商品在庫データを広告出稿というかたちで収集しております。これらの在庫データを整理・分類してデータベース化し、最終的には当社のメディア(情報誌・PC・スマホ)を通じて、消費者にとって有益な情報コンテンツとして適用しております。

(引用終了)

 

詳細についてきましては、有価証券報告書のP7に書いてあります。文章量が多いので一部を引用しました。

 

プロトコーポレーションのビジネスモデルが分かってきました。プロトコーポレーションは、自動車情報を発信する雑誌・インターネットサイトを持っていて、そこに掲載して欲しい方々から掲載料金を貰っているのですね!

 

他にも、自動車関係で役立つ情報を販売したり、サポートしたりしても収入を得ているようです。

 

◇自動車関連情報の内訳◇

f:id:toruneko_speculators:20170821122240p:plain

読み進めると、内訳がありました。自動車関連情報は「広告関連」「情報・サービス」「物品販売」に分かれています。伸びているのは、「物品販売」なんですね!

 

そして、意外なことに物品販売の割合が多いことに驚きます。売上の43.9%は物品販売なのだという事実( ゚Д゚)

 

メインは中古車輸出、タイヤ・ホイール販売ですか!!!

 

自動車関連情報の3つの項目の売上がそれぞれどのような推移をしているのか過去に遡って調べていく必要がありますね。それはまたの機会にしましょうか。

 

◇営業所◇

全国各地に営業所が50か所くらいあります。全国に営業所がある必要があるんですね!なぜ、全国にこれだけ営業所があるのか分からないのですが、ひょっとするとこれが参入障壁になっているのかもしれない気がしました。

 

貸借対照表・損益計算書

プロトコーポレーションは、情報サービス企業というイメージを持っていたので意外と「商品及び製品」や「有形固定資産」が多いなという印象を受けました。

 

商品及び製品」は45億円です。先ほど「物品販売」で249億円の売上があったと書いてありましたから商品回転率は5.5回転です。中古車輸出とタイヤホイール販売の割合がどの程度なのかわかりませんが、一応この数字は覚えておきます。

 

 

【今日のまとめ】

今日は、ここまでにしておきます。プロトコーポレーションは、雑誌やインターネットサイトを使って掲載料を頂く情報サービス企業ですが、意外と物品販売の割合も多い企業だということが分かりました。

 

さらに理解を深めていくには、自動車関連情報のセグメントの内訳やサービス内容を調べていく必要があります。真剣にやり始めたら一週間以上かかるかもしれない案件ですね(´・ω・`)

 

それでは今日はこの辺で!

第一化成

今日も個人投資家に人気がある銘柄を見ていきます。今日取り上げる会社は、第一化成という会社です。

 

会社説明をウェブページから引っ張ってきました。

 

(引用開始)

第一化成株式会社のウェブサイトです。第一化成は、高品質な合成皮革を製造している専業メーカーです。自動車や航空機の内装品をはじめ、オフィス家具やアパレル、スポーツ用手袋など幅広い領域で利用されています。

(引用終了)

 

合成皮革(ごうせいひかく)の専業メーカーとは、渋い企業ですねぇ…。まず、合成皮革って何なのでしょう?? 

 

www.youtube.com

 

合成皮革について解説されている動画を探してきました。子供向けの動画なのでちょっと見にくいですが、参考になります。

 

人工的に色々な模様の生地を作ることができるんですね!そして、その生地を使って、靴やカバンなどが作られるようです。動画で紹介されている靴は、とても手間がかかりそうですね。人件費の高い国では素材として使われにくく、人件費の低い国では使われやすい傾向がありそうな感じがします。

 

こういう企業面白いですよね。

 

【ホームページ読み】

先にHPを読んでいきます。

 

(引用開始)

当社製品の最大の特徴は、独創技術がつくり出すしなやかな風合いにあります。長年にわたり、高級衣料用レザーの開発に取り組んできた豊富な経験と、湿式製造プロセスに対する確かな知見が、しっとりと柔らかい質感を持つレザーの創出につながりました。人のぬくもりを感じさせる第一化成のレザーは、自動車や航空機の内装品、高級家具などに使用され、ご利用になる方々に、くつろぎの空間と時間をお届けしています。

(引用終了)

 

日本は昔、繊維業で栄えていたといいます。繊維業は人件費の安い国の方が有利であるので、日本の経済成長と共に外国製品に負け、日本の繊維業は衰退していきました。

 

日本の繊維業は生き残るために高級品向け繊維や高機能性ある繊維に特化していくことになります。第一化成のような上場企業は他にも結構ありますね。

 

東レ帝人、サカイオーベックス、小松精練などでしょうか。名証IRエキスポという個人投資家向けのIRイベントですごい技術を見せてもらった覚えがあります。

 

●ウルトラファブリックス社を子会社化→製販一体企業へ

トップメッセージのページで米国企業であるウルトラファブリックス社を完全子会社化し、製販一体となったという趣旨の記述があります。第一化成は、単純な繊維メーカーから脱却しているみたいですね。

 

決算短信 H29年3月期4Q】

売上 5,431百万円

営業利益 517百万円

営業利益率 9.5%

純利益 306百万円

純利益率 5.6%

自己資本比率 26.7%(前年 61.7%)

 

営業利益率高いですね。自己資本比率は26.7%ですか…。前年から一気に下がっています。

 

ウルトラファブリックス社を買収したことが原因で自己資本比率が大きく下がったようです。また、買収に伴う諸費用があったため、大幅な減益となっているようです。

 

他にも、第一化成の販売高の8割をウルトラファブリックス社が占めているという記述もあります。

 

●用途別売上状況

家具・車輌用 81.0%

手袋用 9.9%

その他 8.2%

 

なるほど、なぜ家具と車輌を分けないのか?(´・ω・`)

 

少し詳しい内容が載っています。

 

(引用開始)

家具・車輌用:家具・車輌用の主要なマーケットは米国であり、レジャーボート、RV車、航空機等の内装用及びホテル、レストラン、劇場などで使用されるコントラクト家具用として提供しております。また、国内マーケットへも一部応接セット用として販売しております。

(引用終了)

 

 

●地域別売上(百万円)

日本 662

北米 4,294

欧州 161

東南アジア 314

 

日本株でありながら実質的に米国株ですね。

 

 

貸借対照表

貸借対照表を見て、個人投資家が買い漁っている理由が見えてきました。

 

「のれん」が約151億円ありますね。資産に対して62.6%ですよ( ゚Д゚)

 

国際会計基準に切り替えていけば、のれんの償却が無くなって決算の見栄えが良くなりますよね。それを見越して先に買っているのかな?と思いました。

 

しかし、借入金が短期・長期合わせて140億円ですか。ちょっと冒険し過ぎじゃないですかねぇ…。

 

 

ちょっと第一化成は買えませんね。リスクが高すぎると思います。使われている製品の性質を考えれば、景気循環に左右されやすそうです。第一化成の収益から考えると、借入が多すぎるように思います。経済が不安定化したら一気に叩き売られる可能性もあります。下手をすれば、倒産することも覚悟しておいた方が良さそうな気もします。

 

うーん、とてもじゃないですけど、お勧めできない銘柄だと思います。

 

 

見方が間違っていることもあると思いますので、詳しい方がいらっしゃったらコメント頂ければありがたいです。

WEB文章の書き方(入門教室)で勉強するぞ!

文章力を上げたいなぁと思い、本屋で仕入れてきました。

 

Web文章の「書き方」入門教室 ~5つのステップで「読まれる→伝わる」文章が書ける!

 

初心者過ぎてどの本を選べば良いか分からなかったので、一番簡単そうな本を選びました!

 

この本では、インターネット上での文章の作り方のコツが書かれているようです。初心者向けの本なので私でも読めそうです。

 

今日は、この本のCHAPTER1を読んで勉強していきます。

 

ちなみに、全部でCHAPTER10の構成。

 

それでは、勉強開始!!

 

 

【「何のための文章か」を考える】

はい、来ました。私には耳が痛くなるテーマです。

 

このブログは、何のために書いているのでしょうか?考えていきましょう!

 

 

Q1 何のために書かれた文章ですか?

→自分の勉強用です!(キリッ

 

Q2 誰に向けた文章ですか?

→とくに考えてないです///

 

Q3 ブログ舐めてます?

→ ( ^ω^)・・・

 

 

ダメダメ初心者ブロガーですね(笑)

 

そんな新人ブロガーが上手に文章を書けるようになるのでしょうか?

 

本を読み進めることにしましょう・・・。

 

 

【ペルソナを作ろう!】

わかりやすい文章を書くためには、外してはいけないポイントがあるようです。

 

それは、ペルソナを作ることです。

 

ペルソナは、ブログを読んでいる人の平均的な人物像のことです。

 

わかりやすい文章を作るには、どういう人に向けて文章を作っているのかはっきりさせた方が良いようです。

 

 

 

実際に作ってみます!

 

トルネコの投資ラボのペルソナ●

株式投資などの金融情報に興味がある

・20代~40代の男性が中心

・地道に努力して着実にゆっくりと稼ぐことを望む

・自分磨きが好き、勉強家

 

●閲覧者の「解決したい悩み」●

・金融情報が知りたい

・知的好奇心を満足させたい

・儲かりそうな銘柄を知りたい

株式投資を続けていたらどういう生活になるのか知りたい

・投資する上での考え方を知りたい

 

私のブログのペルソナを作ってみました。こうしてペルソナを作ってみると、文章も書きやすくなる気がしますね!

 

上のようなペルソナであることを考えれば・・・

 

「おっぱい!」

 

と連呼していたら、PV数が簡単に増えそうな気がします。(天才現る)

 

 

【トップページ】

トップページが重要だということも書かれています。

 

人は見た目が9割って言われますが、個人のブログもトップページが重要なんですね!

 

 

 

●どんなブログなのかを20字程度の文章でまとめてみよう!●

 

(案1)投資はスポーツだ!決算書をたくさん読んで王道投資!

→しっくりこない。

 

(案2)目指せ3億円!ガッチリ稼ぐぞ!夢のバカンスライフ!

→イメージが変わりそう。

 

(案3)バフェットに出会って人生変わった男のブログ

→臭そう

 

キャッチコピー考えるのも楽じゃないですね(´・ω・`)

 

 

 

【覚えておきたいポイント】

●WEBサイトの特徴

・見出しやキャッチコピーの重要性が高い

・長い文章は読まれにくい

●上達のコツ

・わかりやすい言葉をつかう

・目標になるWEBサイトを見つける

・とにかく書くこと

・声に出して読む

・トライ&エラーを繰り返す

 

 

面倒くさくなってきたので箇条書きスタイル。

 

 

いやぁ…真剣にブログ作るのって楽じゃないですね(´・ω・`)

コツコツ本読んで勉強していければなと思います。

フットロッカー

日本ではあまり馴染みの無い会社です。フットロッカーは、スポーツシューズショップの最大手の会社で9ブランドのショップを展開しています。23か国に3400弱の店舗(中東、韓国、ドイツにはFCで展開)があり、靴はナイキが7割を占めます。(米国四季報の解説を参考にしています)

 

私は米国四季報の春夏版(Amazon CAPTCHA)を読みまして、フットロッカーは凄く良さそうな会社だと思いました。

 

フットロッカーは売上も利益も右肩上がり、同じような米国株ならPERは20倍を軽く超えていく中、予想PER14.23倍、実績PER13.85倍と書かれています。さらに四季報予想では今後も売上・利益は右肩上がりで伸びていく予想です。

 

業態も靴の小売がメインなわけですから、安定したディフェンシブ銘柄です。そして、FC展開している地域もあり、そういう地域では安定的にフランチャイズ料が貰えます。FC部分は利益の波が緩やかだと想像されます。

 

米国四季報に載っていたフットロッカーは1株77円でした。そんな銘柄がどうなったと思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

括目せよ!

 

 

 

 

f:id:toruneko_speculators:20170820083943p:plain

 

ドンッ!

 

米国四季報に載っている株価は1株77ドルくらいでした。それが3か月で34ドル

 

トルネコさん、何ですか、これ?あなたの目は節穴ですか??

 

 

( ^ω^)・・・

 

 

 株式投資の怖い部分を見せつけられたような感じです。他の投資家さんもおっしゃっていますが、日本にいるとアメリカの空気感というのがいまいち分からず、フットロッカーへの投資が危険なのか、そうでないのか全然分かりません。

 

blog.livedoor.jp

 

バフェット太郎さんのブログの解説によれば、アマゾンが関係しているみたいなんですが、やっぱりアメリカに住んでいないとその真偽を判断することができません…。

 

 

「低PER、高成長、財務健全、ディフェンシブ」の4点セットの会社でもこういうことってあるんですね…。財務指標では分からない情報もありますので、現地調査や業界分析はやはり大切だなと思いました。

 

 

また、自分にできることをすべてやった上で持ち株が半値になったら、それは仕方ないことなんじゃないかと思います。その損は、運営上やむ負えないコストとして考えるべきでしょう。

 

しかし、その損もレアケースとしておしまいにするのは勿体ないので、本当に期待値がプラスになる行動を取り続けられているのか?もう一度振り返って自分の投資行動を見直す良い機会になるのではないかと思います。

 

私も損したつもりになって考え直してみようと思いました。

MCJ

今日も個人投資家に人気のある銘柄MCJという企業を見ていきます。私はあんまり分析したことのない銘柄です。

 

【ホームページ読み】

今回はホームページから見ていきます。パッと見た感じ「mouse」というパソコンに関係した会社のようです。

 

そういえば、CMでも見かけたことがあります。

www.youtube.com

 

この耳に残る感じのCM。思い出しました。CMの途中では「開発から生産まで国内」「24時間365日、安心がつづく」と書いてありますね。

 

国産ノートPCなのに4万円台の格安価格で売られているんですね!どんなものなのかは下の動画が参考になります。

www.youtube.com

 

これは凄いですねー!なんでこんなに安い価格でノートPCを販売できるのか!また、これだけ安くで利益が出ているのかなど気になりますね。

 

もう少しHPを読んでいくことにしましょう。

 

設立は1998年ですか。とても若い企業ですね。

f:id:toruneko_speculators:20170819121000p:plain

MCJの売上の推移です。「低価格・国内製品・24時間サポート」と宣伝していますが、売上の推移は思ったよりも増えていないです。PCは外国製品の輸入増や低価格化で厳しいのでしょうか?

 

家電業界については下のアクションラーニングの動画が非常に参考になります。

www.youtube.com

 

グループ概要を見ますと、PC関係の子会社がそこそこあります。それ以外には、aprecioというインターネットカフェもやっています。一度利用したことがあるのですが、MCJもネットカフェ関連だったのですね!知りませんでした。

 

決算短信 H29年3月期4Q】

売上 108,727百万円

営業利益 7,463百万円

営業利益率 6.9%

純利益 5,030百万円

純利益率 4.6%

自己資本比率 50.4%

 

売上が1087億円ですか。結構大きいですね。セグメント情報を見ると、パソコン関連事業が売上・利益のほとんどを占めます。総合エンターテイメント事業のインターネットカフェは微々たるものです。(ネカフェ関連株を分析する時に思い出すくらいにしておきます。)

 

パソコン関連事業についての内訳は決算短信では分かりません。どうもPC製造・販売(小売・卸売・代理)・サポートなどもやっているのでしょうか?また、個人だけでなく法人への販売もあるようです。他の資料で見ていく必要がありそうです。

 

貸借対象表を見て、有形固定資産が約47億円。資産に対する有形固定資産の割合は9.2%。私はHPを見てパソコンメーカーの製造業というイメージを持ったのですが、有形固定資産の割合が少ないような気もします。この辺の疑問も解決していきたいです。

 

損益計算書を見ます。

 

原価率 77%

販管費率 16.1%

 

いろいろな子会社と連結されていていまいちイメージが掴めません。

 

●地域別売上(千円)

日本 84,985,004

欧州 22,587,748

その他 1,155,167

 

なお、有形固定資産は日本国内に占める割合が90%を超えているみたいです。

 

有価証券報告書個人投資家向け会社説明資料】

さらっと2つの資料に目を通したのですが、難しいです。パソコン関係のビジネスをやっている会社なのですが、ビジネスモデルの異なる会社が連結されていて実体が上手く把握できません。

 

 

【最後に】

ビジネスモデルが現時点ではよく分からないので今の段階では投資を検討できません。意外に難しい会社だと思いました。

プロ意識

今日はプロ意識というテーマで書こうと思います。

 

普段、ツイッター株式投資のつぶやきを見ていると、レベルが違い過ぎてとてもじゃないけど敵わないと思う時ってありますよね。その人の凄さと比較して、自分はまだまだだなって・・・。

 

そういう気持ちを原動力に自分を磨き上げるタイプの人は大変素晴らしいと思います。しかし、ガッカリして勉強の意欲が減ってしまうタイプの人間にはツラいですよね(´・ω・`)

 

1つの分野に身を置いていると、プロ意識というのが芽生えてきます。私も以前、パチをやっていた時にプロ意識を持っていた時期がありました。

 

「パチでプロ意識とかwww」

 

と、思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、言わないでください。分かってます。自分が一番分かってますから!ガラスの心なので言わないで~(´・ω・`)

 

この分野で生きているのだから、誰よりも凄くて1番じゃないといけないという気持ちが芽生えてたんですね。

 

でも、パチの世界1つ極めようと思ってもとても大変なことなんですよ。特に「期待値計算」は数学的な計算が難しく、「情報収集」は奥が深いです

 

まず、「期待値計算」の方なんですが、期待値のおおよその数字は雑誌などに載っています。ただし、シミュレート条件がおかしかったりする場合があるので実際にパチを打った時に得られる金額とズレることもよくあります。そういう時は、期待値を自分で再計算しなければなりません。この計算が自分にはめちゃくちゃ難しいんです。

 

パチのブログなどを見ていると自分で計算してしまっている方とかいらっしゃるんですよね…。そういう方を見ると、自分って本当にプロって言えるのかとガッカリしてしました。その時、分かりました。自分には細かい計算や難しい内容で扱うのは苦手で好きじゃないんだなと…

 

もう一つの「情報収集」の方なんですが、こっちも奥が深すぎるんです。ネット上のブロガーの中には、雑誌にも書いていない情報を素早く掴んでいる人もいます。そういう方の中には、新台を購入し、プログラムを解析して情報を得ている人もいたり、集団でデータ取りして稼げる情報を手に入れたりしている人もいます。もう絶対勝てないよ。こんなの…

 

パチで持っていたプロ意識はボロボロに打ち砕かれていきました。そしてどんどんツラい気持ちになっていったんですね…。

 

だからと言って、収支が落ちたのか?負け続けたのか?と言われると全然そうじゃありません。別に誰よりも凄い状態になくても何とかなってました。

 

そして、あれこれ考えているうちに気付いたんです。もう負けている部分は負けていると認めてしまえと。でも、自分にも凄いところがあるんだということに!

 

自分には、難しい計算の能力や高度な情報収集能力はありません。でも、そんな自分にも他の方より優れている能力があると思います。おそらく、それは「地道に続ける力」であったり、「泥臭さ」だと思います。簡単に理解できる内容を時間をかけて継続的に勉強することが得意ですし、炎天下の中、何時間も電車・バス・徒歩で実地調査をすることも苦になりません。

 

私は、自分の強みに気付いた時に「あっ、ここで勝負すればいいんだ」と心が晴れやかになりました。別に苦手としている分野でわざわざ戦う必要がありませんし、必要最小限だけやったら、自分の得意とする分野を磨けばいいのです。自分が普段凄いなと思っている人でもある特定のジャンルや能力だけ見れば、相手から凄いと思われていることもあると思うのです。

 

自分の土俵が分かっていないと不安になったり、相手が凄いなと思ってしまいます。そして、気が付けば相手の土俵に引きづりこまれてしまいます。そうではなくて、自分の土俵(強み)を発見して、そこで戦っているのだから大丈夫!と思うのが良いと思うのですよ。

 

また、株式投資って一番じゃないと儲からないっていうものでもありません。オリンピックで1位を取るような戦い方をしなくてもいいのです。私は専業投資家というよりも、「無職が趣味で株やっている」という意識でやっていたりしますwその方が生産性が上がるので。

 

 

今日は、プロ意識を持った方がいい人もいれば、持たない方がいい人もいる。そして、持たない方がいい人にとっての心の持ち方の一例を書かせて頂きました。

 

ではでは!

週間成績(8月18日時点)

ダイト様から配当金をいつの間にか頂いておりました。ありがとうございます!今週も憂鬱な一週間でしたね!

 

【PF】

サンセイランディック 11.7%  

ダイト 19.7%

エイジス 22.8%

オリコン 45.1%

現金 0.7%

 

【成績】

年初来+23.00%(税抜き後)

 

【売買】

ギガプライズ全株売却

オリコン追加購入

 

【振り返り】

今週は、月曜日にギガプライズを全株売却しました。-20%くらいまでは覚悟していましたが、-10%程度で許して頂けました(苦)

 

ギガプライズの無料インターネットは好調だと思います。しかし、イオンハウジングの立ち上げにかかる費用が想像以上にきつくて驚きました。私は、会社予想の数値までであれば許容範囲内としていたのですが、今回デットラインを超えてしまいました。これが売却の大きな理由です。

 

先月の7月中旬に品川のイオンに設置された「どこでもストア」というVRの賃貸情報サービスとイオンハウジングの数店舗を視察に回ったのですが、正直、イオンハウジングが今後どうなっていくのか予想できませんでした。トントン拍子で成功するシナリオも考えられますし、ギガプライズがイオンハウジングの直営店を増やしたり、FCが上手く集まらなくて赤字垂れ流しといった事態になるシナリオも考えられます。

 

正直、不確定要素が大きいです。ギガプライズのイオンハウジングの事業が成功するのを待つよりも他の銘柄に乗り換えた方が確実性が高く期待値を取れるのではないかという判断でギガプライズを売却し、オリコンを購入しました。もし、イオンハウジングが成功したら泣くしかないです。

 

オリコンについては、他の記事でいろいろ書いています。それから特に考えは変わっていません。3~4年かけてPER20倍が目標ですが、それまでに目標株価に近づいたらラッキーという感じです。