ポートフォリオ構成の考え方(期待値と最大損失100%の割合)

投資案件が複数あるとする。

 

A:期待値+10%、負けた時の最大の損失は+10%

B:期待値+15%、負けた時の最大の損失は±0%

C:期待値+20%、負けた時の最大の損失は-10%

D:期待値+30%、負けた時の最大損失は−50%

E:期待値+40%、負けた時の最大損失は−100%(その確率10%)

なお、投資案件は1年間の結果とし、毎年繰り返すことができるとします。

 

このような5種類の投資案件があった時、どのように賭けるのがいいのでしょうか?

 

自分が考える賭け方を書きます。ひょっとするともっと良い考え方があるかもしれません。

 

(1)資産防衛を目的とした投資をしている人

もうお金を十分稼いでしまい、もうお金を増やす必要の無い人はAもしくはBが理想です。極端な話、Eにすべての資産を投資すると0になってしまうケースが出てきてしまいます。お金が十分にあるのにそんなリスクを負う必要はないと思います。

 

(2)目標の資産金額まで資産の最大化を目指している人

一番期待値が高くなるケースは、Eです。しかし、Eに100%賭けてしまうと0になってしまう場合があります。かと言って一番儲かるEに賭けないのは勿体ないです。こういう場合、ケリーの公式(http://www.geocities.jp/y_infty/management/k_formula_1.htm

を用いて最適な賭け方を計算します。

 

Eは、すべてを失う確率が10%ありますので、それ以外の場合の90%を当たりと見なして考えます。ケリーの公式のRは1.56(1.4 ÷ 9/10)を代入して、Pには90%を代入します。

すると、資産の83.5%まで投入すれば資産を最大化させられることが分かります。

 

よって、Eに83.5%、Dに16.5%投資するのが良いという結果が得られました。

 

◎もっと複数の投資案件がある場合

たとえば、ABCDE以外にもA'、B'、C'、D'、E'やA"、B"、C"、D"、E"と全く同じ条件の投資案件(それでいて結果は独立している)がある場合、もっと良い投資の振り分け方があると思います。

 

以前、集中投資と分散投資というタイトルで記事を書いたのですが

http://toruneko-speculators.hatenadiary.jp/entry/2017/07/11/064528

分散する方が結果をもっとマイルドにさせることができます。

 

目標の資産金額まで資産を最大化させたい人は、先ほどのEに83.5%、Dに16.5%ではなく、EとE'、E"にそれぞれ27.8%、DとD、D"に5.5%投資するのが最適な方法になると思います。

 

 

 

私自身は今、資産を最大化させる方向性で投資をやっています。上のような考え方を用いて投資をしていますので他の方と比べると非常に集中度合いが強いかもしれません。こういう投資の場合は、「期待値の見積もり」と「最大損失100%の割合の見積もり」が大切になってきます。

 

目標金額まで達成したら全く別の投資方法で運用することになると思うのですが、その時に備えて投資手法を考えておくことも重要だと思っています。

第2回 サルに勝つ!(検証21日目)

第2回 サルに勝つ!(検証21日目)

トルネコ銘柄 +4.63%

サル銘柄 +4.41%

日経平均 +3.40%

TOPIX +2.64%

ジャスダック平均 +3.89%

マザーズ指数 +3.92

 

詳細は

http://toruneko-speculators.hatenadiary.jp/entry/2017/09/24/151112

 

 

ちなみに、第1回サルに勝つはどうなっているかと言いますと

 

トルネコ銘柄(第1回)+10.27%

サル銘柄(第1回) +15.32%

日経平均 +6.39%

TOPIX +7.05%

ジャスダック平均 +13.27

マザーズ指数 -4.32%

 

 

この企画を初めてから4か月目。こうやってデータを追いかけていると面白いことが分かってきます。ランダムで選んだ銘柄でポートフォリオ作るのも悪くないなと…。いつも指数と比較して、「自分凄いじゃん!」と天狗になっていましたが、そうじゃなさそう・・・。指数が弱いだけかもしれませんね。

 

ウォーレンバフェットの有名な言葉に「潮が引いた時に、初めて誰が裸で泳いでいたかわかる」という言葉があります。私自身は水着で泳いでいる認識でいましたが、どうやら私も裸で泳いでいるようです。他の方に比べてまだましなのは、潮が引く前に自分が裸で泳げていることに気付けたことでしょうか(苦笑)

時系列データを使った研究

最近、株価データサイトk-db.comさんの時系列データをエクセルで分析しています。

 

最近の研究テーマは2つありまして、1つは「いつ買っていつ売るのが統計的に良い結果をもたらすか?」と「いろいろな方が紹介されている投資手法は統計的に有利と言えるのか?」です。

 

今現在、エクセルだけでやっているのですが課題もありまして、高い確度で結果を出したいのであれば、統計の理論に従って数百回、数千回の結果を出さなければならないのですが、優先したいことが他にあるのでそんなに時間を割くことができません。プログラミングを上手く使ってできればいいのですが、その技術を習得するのにも時間がかかりそうです。

 

これからご紹介する内容は、試行回数が少ないためそれほど精度が高くないという前提で読んでいただければありがたいです

 

「いつ買っていつ売るのが統計的に良い結果をもたらすか?」

前回紹介しましたが、「①始値で買ってその日の終値で売る」と「②終値で売って翌日の始値で売る」という手法の2つを比較すると、②を選択する方が儲かりやすい傾向があることが分かりました。

 

どうも日経平均やマザーズ指数だけでなく、個別銘柄でも同様の傾向が表れるようです。中には①が優位な銘柄もあるのですが、①優位な銘柄は過去に遡っても①優位にあるような気がします(調査不足)

 

始値売り」「終値買い」が良いらしいのですが、もっと最適な売買タイミングがあるのではないかと思いました。そこで5分足データに着目しました。

 

2013年~2016年までの5分足データをすべて集め、9:00~15:00まで5分おきに「始値で買って終値で売る」場合どのような傾向が生まれるかを調査しました。

 

その結果、「9時10分から11時00分までに売り」「13時30分から15時00分までに買い」を行えばより良い結果が得られそうだという結果になりました。

 

さらに、日において上がりやすい日があるのか?(例えば、25日の給料日後は上がりやすいのではないか?)また、曜日や第○曜日での傾向はどうか?(例えば、第5金曜日は下がりやすいのではないか?)なども調べました。

 

結果、あまり特徴的な結果を得られることはできませんでした。やや月曜日や金曜日の日中が下がりやすい傾向にあるのかな?程度です。

 

 

いろいろな方が研究されている投資手法は統計的に有利と言えるのか?

 

こちらの方はIPO直後のセカンダリー投資で確実に儲けるなどの手法が統計的に有利と言えるのか?について調べました。

 

過去200件のIPO直後の5日間の始値終値(1日目の始値は初値)をエクセルに手打ちで打ち込み、初値で買ってどのタイミングで売ればいくらの損益になるかを計算しました。

 

売りのタイミングは初値後、「①その日の終値」「②2日目始値」「③2日目終値」「④3日目始値」「⑤3日目終値」「⑥4日目始値」「⑦4日目終値」「⑧5日目始値」「⑨5日目終値」の9か所あります。

 

傾向としては、なぜか「④の3日目始値」で売るのが一番良い結果をもたらします。その後、④から離れるにつれて結果は悪くなります。

 

しかしながら、このデータの結果には問題点もあります。この結果はすべての始値終値のタイミングで売買が行える前提です。S高の場合買えませんし、S安の場合売れません。データ上の結果と実際の結果は大きく違う可能性があります。

 

ただ、IPO直後の銘柄をランダムに買った場合、保有期間が長ければ長いほど負けやすい傾向にあります。かなり分が悪い勝負になるのでIPO直後の銘柄は触らない方がいいというのが私なりの考えになりました。

 

今回はすべてのIPO銘柄を機械的に売買することが前提になっていますが、銘柄の選択をどのように行うかによっても結果が変わってきますので、IPO直後のセカンダリー投資は儲からないと否定したいわけではありません。優位性のある判断基準を持たずに適当に売買していたら簡単にお金を失うことができることが分かったということです。

 

アプライド

アプライド1Qの貸借対照表

f:id:toruneko_speculators:20171007232030p:plain

売掛金が資産に対して40.5%。売掛金を売上と比較しても売掛金の金額が大きくBtoCのビジネスとは思えないほどの数字。

 

売掛金の詳細を見ていきます。

2013年売掛金

 

f:id:toruneko_speculators:20171007234523p:plain

2013年買掛金

f:id:toruneko_speculators:20171007232904p:plain

 

うーん、売掛にも買掛にも「ソフトバンクモバイル」がある。どういう原理でこうなっているんだろう?そして、過去のものも見ると両方の売掛・買掛が増加傾向にあるようにも見えます。

 

過去の売掛金の詳細を見ていくと3年前の顔ぶれとだいぶ変わっています。2.3年かけてパソコンやシステムの更新をするんでしょうか?

 

買掛金にはダイワボウ情報システムが毎年あります。アプライドがパソコンを売って、システムなどはダイワボウ情報システムが担当しているのかな…?(要調査)

 

 

次に、売掛債権回転期間を見ていきます。

f:id:toruneko_speculators:20171008000331p:plain

 

小売の売上と法人への売上を分けて欲しいのですが、残念ながら一緒くたです。両方合わせた売掛債権回転期間なので実際の売掛金の回収期間はこれよりも長くなりそうです。

 

ポジティブに考えるなら売掛金の増加率=法人向け売上の増加

 

ネガティブに考えるなら回収できてない売掛金が溜まってきているのかも???

 

1Qで資金繰りが苦しそうですが、銀行からの借入金利はそこまで高くなさそうです。

データで見る株式投資

各指標の時系列データをダウンロードしてエクセルで遊んでいました。

 

2014年大発会から今日まで「日経平均始値で買って、終値で売る」を毎日続けるとどうなるか?(手数料が0円とします)

 

その場合、2943円儲かります。その間日経平均は4182円上がりました。

 

また2014年の大発会から今日まで「日経平均終値で買って、翌日始値で売る」を毎日続けるとどうなるか?(手数料が0円とします。)

 

その場合、7132円儲かります。その間日経平均は4440円上がりました。

 

日経平均は「終値で買って翌日始値で売る方が有利」であることが分かります。

 

同様の検証を日経ジャスダック平均や東証マザーズ指数でも行いましたが、終値で買って翌日始値で売る方が有利であることも分かりました。

 

 

 

あなたは知っていましたか?まさか、知らなくてカモられていませんよね?

 

 

 

 

 

 

私はカモでしたorz

 

 

三機サービス

上場直後に目論見書を読んでいたのですが、上場後の印象をだいぶ変わってきています。

 

三機サービスは、「空調機器メンテナンス事業」と「トータルサポート事業」の2つの柱があるのですが、最近トータルサポート事業の売上が急増しています。

 

ライフコーポレーションセブンイレブンジャパンとの大口契約があったためのようでトータルサポート事業は前年比50%増です。

 

有価証券報告書を詳しく見ていきますと・・・

f:id:toruneko_speculators:20170924183028p:plain

f:id:toruneko_speculators:20170924183040p:plain

原価の内訳を見ますと、労務費は殆ど変わっていない一方、外注費が61%増ですね。

 

契約先の店舗が三機サービスのコールセンターに電話をかけてきて、受注した仕事を提携会社に丸投げしている感じですね。

 

f:id:toruneko_speculators:20170924183757p:plain

空調機器メンテナンス事業とトータルメンテナンス事業の利益額が逆転し、ビジネスモデルの転換を迎えたように思えます。

 

第二回 サルに勝つ!(検証0日目)

さて、始まりました。第2回目の「サルに勝つ」シリーズ!

 

企画の説明をします。この企画は株式投資に関する企画です。私が良いと思った上場企業の銘柄50社とエクセルでランダムに抽出した50社の3か月間のパフォーマンスを競います。

 

まず、私の選んだ50銘柄です。

f:id:toruneko_speculators:20170924144711p:plain

f:id:toruneko_speculators:20170924144728p:plain

f:id:toruneko_speculators:20170924144748p:plain

私の選んだ銘柄を便宜上、トルネコ銘柄と呼びます。トルネコ銘柄の50銘柄でそれぞれ2%になるようにポートフォリオを作成します。なお、購入単価は2017年9月22日終値となっています。

 

この表は、ヤフーファイナンスポートフォリオの機能を使って作ることができます。私が実際に運用しているポートフォリオとは異なり、実際にこの金額を運用しているわけではありませんのでご注意ください

 

 

次は、エクセルでランダムに抽出した50銘柄です。

f:id:toruneko_speculators:20170924145555p:plain

f:id:toruneko_speculators:20170924145614p:plain

f:id:toruneko_speculators:20170924145628p:plain

こちらのランダムに選んだ50銘柄を便宜上、サル銘柄と呼びます。こちらもトルネコ銘柄と同様の条件になっています。

 

 

3か月間の運用期間中におきまして、銘柄の組み換えはありません。過去の対戦成績はトルネコ銘柄の0勝1敗0分となっています。

 

 

【雑感】

四季報を読み終わりました。平均よりも成長性が高く、平均よりもPERが低いようなお買い得な銘柄は殆ど無くなってきています。冷静に考えると、正直オッズに合わないように感じてきました。投資から一時的に撤退しようかなという気持ちにもなってきています。

 

短期的な投資のやり方も検討しているのですが、勉強時間がかかる割には結果が出しにくい。さらに、このやり方を長く続けても知識が蓄積されて自分が成長していけるのか疑問に思えてきました。もう少し頑張ってみようと思いますが、自分のやり方で儲けにくい時は無理せずにゲームでもして人生楽しんだ方が良い気がしてきました。

 

サル銘柄に関してなのですが、前回の無名銘柄群に比べて、今回は安定感ありそうなラインナップで驚いています。ランダムに選んだはずなのにどこかの投資信託みたいなポートフォリオになっていますwどういう結果になるか楽しみです。