今後の投資方針に悩む・・・

私が投資を始めた頃は、日経平均株価が8542円(2012年6月末終値)でした。今現在の日経平均株価は、22868円(2017年11月9日終値)なので約2.68倍になっています。数字で確認してみると随分上がったものですね。

 

株を始めた頃の四季報には益回りが非常に高い企業が多くありました。二ケタ成長しているにも関わらずPER5倍台の企業もあり、銀行の定期金利よりも遥かに高い数字でした。(今もそうですが・・・)

 

それに加え、その時は民主党から自民党に代わり、「金融緩和」と「財政出動」の時代が始まることが明確に示されたのが大きかったです。私自身は当時、公務員試験の勉強でマクロ経済学ミクロ経済学を勉強していたこともあって、今後景気は回復していく力が働いていくんだなというイメージを持つことができました。

 

そのような環境で、株価全体が下がりにくいと考えられ、高い益回りの企業に投資できるのは非常に魅力的だと思いました。合理的に考えて、負ける確率よりも勝つ確率の方が高く、損失は少ないのに利益は非常に大きいことは明確だと当時は考えてました。

 

現在は、低金利政策と原油安が影響してなのか世界的に景気が良くなってきているように思います。米国では利上げが行われていることが気がかりですが、日本のグローバル企業や鉄鋼、海運などを見ていると今後しばらくは期待できるのかなとも思います。

 

日本において、低金利政策は継続されていますし、今後の生産年齢人口の減少を考えれば、需要に対して供給が不足し、物価が上昇していく力が働いていくのだと思います。

 

そのような中で、どのように投資していくか悩ましいところです。インフレが起こるならば、現金で保有していると現金の価値が目減りしてしまいます。かと言って、株で保有していてもいずれ訪れる景気後退局面で価値が目減りしてしまう可能性があります。誰もが確実に勝てる温い時代はもう終わっているのだろうなと思います。

 

 

今現在の私の資産状況は、それなりに多いですが残りの人生を何もしなくっても生きられるほど多くない程度の状況です。もし、3億円以上あれば、資産をなるべく減らさないようにしているでしょうし、7桁以下だったらそのまま株式投資を継続していたと思います。その間の中途半端な資産状況なので、積極的な投資を行うか?それとも、保守的な投資を行うか?判断が非常に難しいです。

 

パチスロや麻雀をやっていた時の感覚からすれば、体が逃げろ逃げろと言ってくるんですよね・・・。「確実に勝てる時にだけ勝負したらいい」。毎回勝負するよりも条件の悪い勝負は避けて、条件の良い勝負だけやる方が良かったりするんですよ。その方が労力が少ないにも関わらず、良い成績が出たりするんですよね。

 

最近は、確実に勝てるかと言われたら、そうではないと思うんですよね。人にはあまり株を勧めたい時期ではありません。現金化してしばらく様子をみるのも一つの方法なんでしょうけど、複数の辻褄の合わない考え方が頭の中にあって合理的に結論が出せません。本当にちょっとした株価の上げ下げで翻弄されてしまっている感じです。。。

 

よく分からない時はやらないのが賢いやり方なんでしょうけど・・・うーん、しばらく辞めようかな・・・。

ハーバー下落、オリコン2Q

今日は愚痴がメインの内容になりますので好きでない方はお帰りくださいm(__)m

 

 

 

 

 

 

ハーバーは、2営業日で-12.6%下落しました。私のPFの40%弱を占める銘柄なのでダメージは大きいです。この結果、年初来成績は+33.68%まで落ち込みました。

 

今日の引け後にオリコンの2Q決算があったのですが、良くないです。コミュニケーション事業が会社予想よりも大幅に下回っています。特に、顧客満足度調査事業の伸びが+3.3%と軟調です。

 

今年の投資は本当に散々です。年初はギガプライズ、ウィルグループ、ベガコーポレーション、エイジス、ユニバーサル園芸社を保有していたわけですが、自分自身の予想とは大きく離れています。特に、保有割合の大きかったギガプライズは大幅に下落しています。運よく売却できたわけですけど、本当に運が良かっただけです。

 

今年の4月くらいからはダイトがメインのPFを組んだのですが、決算もそれほど良くなく、まぐれでそこそこ上がって利益を出しました。これも運。

 

8月からはダイトを大幅に売却し、オリコンをメインに投資していくのですが、今回の決算もよくありません。(事前に某先行指標を気にしていたのでかなりポジションは落としましたが20%強は影響を受けます。)

 

10月からハーバー研究所と日本色材工業に切り替え。ハーバーは今年唯一当たった銘柄ですが、少し陰りが見え始めてきました。日本色材は決算跨ぎで失敗して塩漬け状態です。

 

 

一応、30%強の利益は出ているのですが、心はボロボロです。自分の投資に自信が無くなってきます。毎日勉強していてもこれじゃあ、やる気が無くなってきます・・・。実力というよりも運で勝てているような気がします。

 

しばらく、休憩しようかな・・・。部屋の掃除でもして心入れかえます。

週間成績(11月2日時点)

【PF】

ハーバー研究所 37.1%

日本色材 25.3%

オリコン 21.2%

エリアクエスト 10.2%

現金 6.2%

 

【年初来成績】

+37.13%(税抜き後)

 

【コメント】

セレスポとジェイエスビーを売却。セレスポはスポーツウェア業界などを勉強していて自分の思っているよりもマーケットが縮小していくような気がしたので売却しました。十分安いとは思うんですけど…。ジェイエスビーは特に理由は無いんですけど、他に投資したいなと思う企業が見つかったので一旦現金にしました。

 

10月はハーバー研究所が好調で他の銘柄は軟調でした。ハーバーのウエイトが大きかったこともあり、大きく成績を伸ばすことができました。日本色材とかはもっと評価されても良いと思うんですが、なかなかですね。

 

決算シーズンに突入したわけなのですが、今回は全企業に目を通そうと頑張ってます。・・・とは言っても、決算短信の1ページ目とヤフーファイナンスでPERと企業説明を確認するのが最低ラインなのですが…。

 

今までは、保有銘柄と監視銘柄、自分の良く知っている企業を中心に決算短信を深く読んでいくスタイルでした。しかし、このスタイルだと見落としてしまう銘柄が多くありました。最近、インバウンド需要が回復してきていてインバウンド関連に好調な銘柄が多いのですが、ハーバー研究所などはもっと早い時期に見つけられたなと反省しています。広く浅く視野をもって好調な銘柄をいち早く見つけられるようになるのが目標です。

 

来週はぞっとするほど決算発表の企業が多いですけど、頑張って行きたいです。

今年の仕事量

そういえば、2016年の年末に2017年は株のことを一切考えずに生活のクオリティを向上させようと考えていたことを思い出しました。今の私のブログを見て頂ければ、結果は言わずもがな…。(まぁ、いろいろあったんです…)

 

当時、長期的な視点でそれなりに頑張って考えたPFは以下のようになります。

 

ギガプライズ 34.1%

ダイオーズ 25.3%

ウィルグループ 14.3%

ベガコーポレーション 8.6%

ユニバーサル園芸社 8.4%

エイジス 4.6%

現金 0.0%

 

これらをもし、今現在まで持ち続けていたらどうなっていたでしょうか?

 

ギガプライズ -17.5%

ダイオーズ +34.3%

ウィルグループ +106.2%

ベガコーポレーション +11.0%

ユニバーサル園芸社 +38.6%

エイジス -10.5%

 

合計 +16.9%(税抜き前)

 

なお、税抜きベースでは、13.51%の結果でした。一番主力であったギガプライズが振るわず苦しい成績になっています。去年の年末はこのようになるとは思ってもいませんでした。今頃、名証から鞍替えし、大きなリターンを出しているものだと思ってました(;´∀`)

 

現在の投資成績は、33.82%(税抜き後)なのでPF変更無しの成績13.51%と比較すると20.31%分得しています。おそらく、これが今年の私の仕事量と言えるかもしれません。

 

金額ベースで考えられば、ピーピーピー万円なのでそれなりの仕事をしたと言えるかもしれません。

 

 

 

ブログを書く前は、「毎日投資のこと考えてもそんなにパフォーマンス変わらんから意味ないやないかーい!!」という結果を想像していましたが、毎日投資のことを考えていて良かった(*´ω`)という結果になりましたw

 

頑張ろう。

リーマンショック時の相場

メモ帳代わりに書いていきます。

 

http://kapok.mydns.jp/business/lehman-shock-business-ranking/

この方の記事がとても参考になりました。

 

リーマンショック時は、「円高・資源安」とのことで空運業、電気・ガス業、石油石炭製品、陸運などの業種が下げにくかったということです。

大きく下がったのは、その他金融、証券商品先物、不動産、海運、鉄鋼、精密機器、保険、銀行などの業種でした。「信用不安・景気循環」の大きい業種が売られています。

 

円高メリット株が買われ、円安メリット株が売られる

→国内売上比率が大きい、輸入が多い企業が買われて下げが比較的緩やかだった

→海外売上比率が大きい、輸出が多い企業は売られて比較的下げが大きい

 

2007年に1ドル120円くらいだったのが2008年の終わりには1ドル90円を割ってますから、円が3割弱も高くなっています。そりゃ輸入業に恩恵があって、輸出業は損しますよね…。ディフェンシブであっても海外売上比率が高い企業は売られやすい傾向があるようで医薬品がその典型例のようです。

 

②資源安

リーマンショック前後の資源価格を見ていきます。世界経済のネタ帳(http://ecodb.net/pcp/)より

 

f:id:toruneko_speculators:20171024003449p:plain

 

意外なんですけど、資源価格はリーマンショック前後でそれほど下がっていない。むしろ上がっているものも多いという印象です。実際は資源安にはなっていないのにも関わらず、資源安になるかもしれないという連想で株が買われたり、売られたりしたような印象を受けますね。

 

 

●2010年の四季報を読んでいく

株を始めたのは2012年の6月なんですが、その前の2010年に興味あって四季報を購入していました。その四季報を読んで気になったことを書いていきます。

 

・1000番台の企業は軒並み1/3くらいの価格になっている。

・製粉や飼料など底堅さがみられる。

・LIFULL(旧ネクスト、ホームズ)は1/13の価格に。PER6.7倍まで売られる。

・IT系成長株もきつく売られている。2007年にPER50倍くらいで評価されていて株価が1/10くらいになる企業も。

・ジェイエイシ―リクルートメントは2007年でPER30倍だったのが、2008年2009年と赤字を出し、株価は1/20に。派遣関連も軒並み厳しい。

・不動産中心の私募ファンド運営会社、燦キャピタルマネージメントは1/12.

・有料老人フォームの光ハイツ・ヴェラスは1/27。自己資本比率の低さからの倒産懸念か?

・幼児活動研究所でも1/4かぁ…。

・当時高成長株だったコシダカHDは2007年のPER55倍から翌年PER3.0倍にw2007年に特別損失や2008年に特別利益などのマジックは無いw

 

個人投資家が好きそうな株も軒並み売られてますね。酷いです。

 

今日はここまでにして、また見ていこうと思います。

 

西松屋チェーン

西松屋は子供服小売でトップ企業です。どのくらいのシェアを取っているのか見ます。

 

f:id:toruneko_speculators:20171022190051p:plain

 

矢野経済研究所のベビー・こども服市場に関する調査を実施(2016年)のデータと西松屋の売上を用いれば、こんな感じです。

 

西松屋のシェアは14%を超えます。14%が大きいか小さいかどう判断するかがポイントになりそうです。

 

2015年の世界アパレル専門店売上ランキング

https://www.fashionsnap.com/the-posts/2016-06-30/ranking-aparel-2015/

を見ますと、1位の企業はインディテックスで売上2.7兆円。西松屋はこの企業の1/20の規模です。こう考えると西松屋がめちゃくちゃ大きいように感じます。

 

アパレル業界の小売は寡占化が難しく、世界のランキング上位の企業もシェアが小さい数字になるとどこかの資料で読んだことがあります。

 

 

西松屋の日本国内のランキングは、繊研新聞が出しています。インターネット上の検索でランキングを探すことが出来なかったのでランキングは省略しますが、西松屋の売上高は2位の会社と比べて頭一つ抜けている感じです。

 

【業界動向】

●平均初婚年齢

http://www.garbagenews.net/archives/2013777.html

平均初婚年数が年々増加傾向にある。第1子出生時の母の平均年齢も年々増加傾向。このことは出産適齢期がその年数だけ短くなっていることを意味している。

 

●出生数と合計特殊出生率

http://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/data/shusshou.html

 

出生数が減少しているにも関わらず、2010年から2015年までのベビー・こども服の小売市場が比較的堅調なのは、1人あたりの子どもにかける費用が増加していることが考えられそう。女性の社会進出、共働きの増加、平均初婚年齢の増加に伴い、子どもにかける費用が増加していると考えられそう。

 

 

以上のことから、私自身、西松屋は今後売上を増やしていくことは厳しくなっていくのではないかと思う。店舗販売よりもECで販売する方が儲かりやすい傾向にあると思うのでECを短期間にどれだけ成長させられるか、また、自社製品の開発で利益率を高めていけるかがポイントになるかもしれない。

 

 

ベルーナなどの決算を見ると、ECと小売のセグメント利益率の違いを感じる。やはりECは強いなと思う。米国市場で小売店がECにやられて規模が縮小している企業も多くある中、今後西松屋チェーンがECにやられないか不安に思う。

 

ただ、ベビーカーなどを見ていると大手ブランドのベビーカーと比較してめちゃくちゃ安いのでそういう部分をみると、競争力があるようにも思えます。

 

会社予想のEPSから考えるとPERは14倍台で割安感がありますが、難しいところです。

ハーバー研究所

化粧品の会社です。鮫の油から作ったスクワランオイルが有名です。この商品はハーバー研究所が特許をとっています。紛らわしいのですが、市場には植物性のスクワランオイルも存在していて、それは特許はとっていないみたいです。無印良品でもスクワランオイルは売られているのですが、こっちは植物性なので注意です。

 

f:id:toruneko_speculators:20171021165507p:plain

平成29年3月期の有価証券報告書より引用です。基礎化粧品が67.0%を占めます。基本的には、主力のスクワランオイルを買われるお客さんが多いと考えられます。以前は美容機器なども作っていたこともあるようなのですが、最近は原点復帰ということでスクワランオイルをしっかり売っていこうという方向性にしていると過去の有価証券報告書に書いてありました。

 

f:id:toruneko_speculators:20171021165910p:plain

年単位で見た「売上の推移」「販管費と広告費」「セグメント別売上」を記載した表になります。一番左の備考欄は、過去のイベントを書いています。

 

卸を100%子会社化 → 卸セグメントの売上が増加

値下げ →売上減少

消費税増税 → 増税前の駆け込み需要の影響

テレビCM → 広告費増加

 

どのセグメントも順調なのですが、「2015年からの百貨店が好調」なのと「その他卸が好調」なのが伺えます。

 

【店舗販売について】

ハーバー研究所の店舗販売は2種類あります。1つはカウンセラー付の販売店「shopHABA」こちらが76店舗※1(直営店は24店舗)。もう1つは、商品だけを売っている取扱店です。合計178店舗ありますが、その内訳は、イトーヨーカ堂85店舗、ロフト90店舗、その他3店舗です。(ちなみに、イトーヨーカ堂は170店舗、ロフトは108店舗で全国展開しています。)

 

※1 9月28日に調査した時の店舗数です。直営店は、IRに聞いた数字。直営店の正確な数字はハーバーの発行している「何とか手帳(名前が聞き取れなかった)」に掲載しているようです

 

 

【その他卸について】

IRに聞いたのですが、その他卸には「イトーヨーカ堂、ロフト」以外にも海外への卸が含まれるようです。担当者不在のため、正確な数字などは分からなかったのですが、海外でも販売されているようです。

 

ハーバーの海外戦略については

http://www.tsuhanshinbun.com/archive/2014/10/post-1995.html

この記事に書かれています。

 

ツイッター上でハーバーを検索してみますと、海外で広告をしていることも分かりますし、海外での知名度も分かります。

 

【日本のツイッターと中国版ツイッター(微博)のフォロワー比較】

●ハーバー研究所(2017年10月21日)

ツイッターフォロワー数 3534件

微博フォロワー数 20967件

 

資生堂

ツイッターフォロワー数  113658件

微博フォロワー数 438954件(公式のみ)

 

資生堂のアカウントは複数ありますが、公式のみのフォロワー数のみ上げています。

 

 

百貨店売上が2015年から増加していること、HABAの海外の知名度がそこそこ高いこと、最近銀座にオープンした直営店が好調なことなど考えれば、インバウンド需要を大きく取り込んで成長していると私は考えます。

 

【ハーバ―の成長シナリオ】

ハーバー研究所は製造業であるため、固定費が大きいので売上が少し増えるだけでも利益が大きく増えます。(逆に売上が減れば、利益が大きく下がります。)こういう特徴を持っていますが、国内化粧品会社の中で比較的小さいにも関わらず、海外での知名度が大きいので同業他社よりもインバウンドの恩恵が受けやすいと考えられます。また、インバウンド需要は、一時的なものではなく、中国人の自国流通への不信感から生まれるものでそれなりに長く続くものだと考えられます。いくら安くても肌に触れる物や目に入るものは安心して使えるものの方が良いはずです。

 

一番注目したいのが、取扱店でドラッグストアが無い点です(あったらごめんなさい)。インバウンドの需要を取り込むためにドラッグストアがハーバーの化粧品を扱うようになれば、一気に販路が増えます。外国人にハーバーの化粧品は結構人気があるようですし、価格帯もドラッグストアで扱いやすい価格帯のようにも思いますし、近い将来売られてもおかしくないのではないかと思います。

 

【実際に使ってみた感想】

ハーバーのスクワランオイルと化粧水(Gローションと書かれたサンプル品)を試してみたのですが、結構良い感じです。他の化粧品ではピリピリすることがあったのですが、しみたりすることもありませんし、とても使い心地がいいです。

 

ちなみに、男性でもハーバーの化粧品を買いに行く場合は、「嫁にスク何とかという化粧品を買ってくるように言われたんですけど、どれですか?」といった感じで買いに行けば怪しまれることはありません。

 

店舗は、地方の店舗はどの化粧品会社もガラガラな感じですが、都市部の外国人観光客が多い地域では込んでいる感じです。ハーバーも良い感じの客付で安心して持てるかなという印象でした。

 

保有するにあたっての注意点は、外国人観光客の動向とTVCMの支出面、化粧品の不祥事などがあるでしょうか。

 

【同業他社比較】

f:id:toruneko_speculators:20171021174620p:plain

自己分析用で適当に作ったやつなので数値が適当だったりするので、ガチな人は自分で作り直すなどしてください。EPSなどは会社によって「実績」「会社予想」「私の独自予想」など混在している可能性があります。10月13日の終値ベースになっていると思いますが、間違っているかもしれません。

 

こう並べてみると、化粧品業界はPER30倍前後で評価されていることが分かります。日本色材工業研究所は若干ビジネスモデルが違うのですが、日本色材工業研究所やハーバー研究所はもう少し高い評価でもいいのではないかと思います。

 

当サイト独自予想でハーバーの今期EPS予想は432円(純利益、前期比+40%)を見込みます。PERは25~30倍が適正価格とした場合、目標株価は10800円~12960円。

 

現在の株価5600円(2017年10月20日終値)から考えると概ね2倍程度は狙える銘柄なのではないかと思います。

 

 

疲れてきたのでこんなところにしておきます。飲み屋のおっさんが適当に言っている戯言程度に思っておいてください。投資は自己責任でお願いします。